私たちは、あなたの大切な思い出を全力サポートします。

約400万年~600万年前、現在の三重県伊賀市平田に地殻変動によってできた湖。
次第に北へ移動し、現在から約100~40万年前、比良山系によって止められる形で現在の琵琶湖の位置に至った。
縄文時代や弥生時代から交通路としても利用され、丸木舟なども出土している
天智天皇により、一時は琵琶湖西岸に大津宮が置かれた。測量技術が発達し湖の形が琵琶に似ていることが判った江戸時代中期以降、琵琶湖という名称が定着した。
琵琶湖は、若狭湾沿岸からの年貢の輸送路としても利用されており、湖上で賊に襲撃された記録なども残されている。
湖西には、大津から若狭国へ向かう西近江路や若狭街道、京都から琵琶湖などを経て今庄から北陸道につながる[5]北国街道などの各種交通路が整備された。
湖上交通による荷物の輸送も行われており、大津や堅田などは港湾都市として発達した。

  • ようこそ
  • step02へ
  • ****
  • ******
  • *******
  • step04へ
  • ご納品
*****

News & Topics

More

pagetop